掛軸を海外へ・・・進行なう

0

    いつもどおりの、久々の投稿になります。

     

    2年ほど前より、「海外へ掛軸を広める活動を強化」と題して活動してきておりました

    昨年度はニューヨーク、そして今年はスペインに行ってまいりました。

     

    活動内容の発信をしてないので、いったい佐河は何をしているのだ?・

    というお声を最近聞くようになりました。

     

    海外に広める活動をするのは良いけれど、まずは、国内のたくさんの人たちに広めることを

    おろそかにしてしまっては、ダメではなかろうか・・・という

    自責の念に駆られております・・

     

    そんなわけで、現状の報告を兼ねて、久々のブログ発信とあいなりました。

     

     

    近々では、9月の中頃、作家さんの個展に便乗がてら、スペインに行ってまいりました

    昨年のニューヨークについては、正直なところ、海外に行くという事が目的になっていたと思います

    (このブログをご覧になられてる方はわかると思いますが、わたくし、大の飛行機嫌いだったので・・)

    ですので、向こうに行ってからの、活動内容など、細かくプランを立ててはおりませんでした・・

    どちらかというと、行くことにより、アートへの取り組み方や考え方を勉強できたと思います、

    掛軸については、少ししか発信できなかったかもです・・・

     

    今回は、2回目の伝承の旅ということもあり、様々な掛軸の形態を持参して

    掛軸の可能性や、楽しさを伝えて行くことをテーマに行ってまいりました。

     

    たとえば、簡易的な軸と伝統的な軸、そして機械で制作した軸を持っていくことで

    その違いについて、どの程度の必要性、または、その違いによる、メリットデメリットを

    外国の方は理解してもらえるのだろうか?という点などを聞いてきたり

    展示会場での反応で確認したりいたしました。

     

    ただひとつ誤算だったのは、スペイン語対策として、持って行った翻訳機(〇〇トーク)が

    くその役にも立たなかったことです・・・   失礼いたしました・・怒りのあまり言葉のチョイスが・・

     

    そんなわけで、Holaだけ覚えとけばよいだろう的な感じだったのが、まったく見当がはずれ

    なんとか言葉を覚えなくては、買い物もできない状態になってしまいました。

    ただ、やはり、何も知らないというのは強いですね、変に、勉強していくと、正しい言葉を言おうとして

    逆に考えすぎで、言えなくなってしまいますが、なにも知識がないと、覚えた言葉をどんどん言ってしまうので

    意外と話すことに苦労はなくなってきました。(当然横に、通訳してくれる方もいましたが・・・💦)

     

    そして、今回の行った場所は、スペインでも南部のマラガ地方にいきました

    ピカソの生誕地でもあります。あまり日本人もいなく、アジア人自体が少ない気がしました。

    そんな中でも、日本の文化、特に盆栽について好きな方が多かったのが印象に残っております。

     

    ですので、掛軸にしても、日本でいうモダンな掛軸というよりも、伝統的な水墨画の掛軸や

    書などに興味があるようでした。

     

    特に作品の中身が水墨画であれば、掛軸の仕様については、そこまでこだわりはないように感じました。

    この辺りは、日本でも同じですが、制作している人間以外は、仕様については、あまり重要ではないととらえてるのでは

    ないでしょうか・・・ 

     

    この部分は、今後、掛軸を広めていく中で、どこまでのクオリティをベースにするのか??

    悩みどころではあります、掛軸の仕様は、簡易的になれば、安くなり、伝統的にしっかり作れば高くなります。

    ただ、みんながみんな、伝統的を求めているのか?または、簡易的を求めているのか?

    それぞれ、目的や掛軸のとらえ方によって変わってくると思います。

     

    みんなの知識がゼロの時に、一番最初にアプローチする仕様によって、価値観が決まってくると思うので

    海外に広める活動の中で、しっかりと分析をして、必要とされる掛軸を提案していこうと思っております。

     

     

    また、後日に詳細報告をいたしますが、日本でも掛軸の普及を目指すべく

    掛軸専門店(仮称・清水屋)をオープンすることになりました。(渋谷のIMAを改装いたします)

     

    以下

    スペイン伝承の旅の写真

     

    ピカソと一緒に写真を撮りました       

    IMG_1067.jpg

     

    生ハムは驚くほど美味しかった!!

    IMG_1073.jpg

     

    作家さんの作品と掛け軸屋制作の掛軸

    IMG_1157.jpg

     

    レーザーを使用しての展示準備作業

    IMG_1112.jpg

     

    1kgの肉でバーベキュー(もはや掛軸関係ない・・)

    IMG_1197.jpg

     

    パエリヤ (ちょっとしょっぱい・・)

    IMG_1248.jpg

     

    掛け軸屋オリジナル 着物アートパネル

    IMG_1283.jpg

     

    作家さんとツーショット

    IMG_1305.jpg

     

    展示会場風景

    IMG_1275.jpg

     

    展示会場風景

    IMG_1274.jpg

     

    ピカソ美術館

    IMG_1059.jpg

     

    マラガの港

    IMG_1081.jpg

     

    現地の額屋さんでの額(裏打ちのみ掛け軸屋)

    IMG_1173.jpg

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    和風ブログランキング参加中

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 日本人アーティストによる国際展のお知らせ!!
      香瑩
    • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 番外編 モニター募集
      miyu
    • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 番外編 モニター募集
      佐河太心
    • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 番外編 モニター募集
      ぶん
    • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 vol4
      佐河太心
    • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 vol4
      佐河太心
    • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 vol4
      ぶん
    • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 vol4
      さどがわみほちゅう
    • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 vol3
      佐河太心
    • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 vol3
      ぶん

    links

    profile

    書いた記事数:176 最後に更新した日:2018/10/18

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM