パネルの話

0

    みなさんこんにちは

    最近、体の不調が続く佐河です。

    検査検査で疲れました・・・・

     

    はやく健康体に戻りたいです。

     

    ただ、そんな中でも仕事は進んでいきます
    本日は、ここの所とてもご依頼が多いパネル貼りのお話です。

     

    私のお店は「掛け軸屋」と名うってますが、掛け軸の仕立ては6割から7割で

    その他、パネル貼りや額、屏風といった仕立てもたくさん手掛けております

     

    そのパネル貼りですが、なんとなく、板に作品を貼ってるというイメージを
    みなさんお持ちだと思います!!

     

     

     

     

    実は・・・・・・・・・・・・

     

     

     

     

     

    その通りです。・・・

     

    ただ、そこは掛け軸屋のパネル貼りです、ただ、水貼してるかというと
    そんなことは当然なく、一応、作品にとってどのような貼り方が良いか
    作品を今後どうしたいか、作品にあった貼り方を決めております。

    糊付けてポンではないのでご安心ください。
    また、コストに合わせて貼り方を工夫することもしております。

     

    それでも、どのような完成形になるかみなさん、イメージがわかないようですので
    佐河画伯がこんな感じの貼り方があるよーーーと図にしてみました

    確認してみてください

     

    いかがでしょうか?

    本当に字が下手くそですね〜
    これ結構きれいに書いたつもりなんです・・・・

    小5の娘より字は汚いと言われております・・・

     

    話がそれてしまいました💦
     

    あとは、大きなパネル作品やパネルで作る屏風風パネルなんてのも
    出来たりします。

    この、パネル屛風の特徴は、通常は作品を2枚にして(カットして)丁番をつけて
    制作していきますが、この工法を使用すると、作品を切らないで
    作ることが可能なのです!! 2枚ツナギのみなのですが・・・
    3枚や4枚のパネル屛風は通常の丁番になります

     

    またまた、佐河画伯のイメージ図を下に貼っておきます

     

    てな感じです

     

    そんな感じで、パネル貼りなどに興味がある方は、いつでもご相談にお越しくださいませ

     

    お待ちしております

     

    LINE友達登録で簡単にLINEから登録も可能でーす!!

     

    友だち追加


    掛軸を海外へ・・・進行なう

    0

      いつもどおりの、久々の投稿になります。

       

      2年ほど前より、「海外へ掛軸を広める活動を強化」と題して活動してきておりました

      昨年度はニューヨーク、そして今年はスペインに行ってまいりました。

       

      活動内容の発信をしてないので、いったい佐河は何をしているのだ?・

      というお声を最近聞くようになりました。

       

      海外に広める活動をするのは良いけれど、まずは、国内のたくさんの人たちに広めることを

      おろそかにしてしまっては、ダメではなかろうか・・・という

      自責の念に駆られております・・

       

      そんなわけで、現状の報告を兼ねて、久々のブログ発信とあいなりました。

       

       

      近々では、9月の中頃、作家さんの個展に便乗がてら、スペインに行ってまいりました

      昨年のニューヨークについては、正直なところ、海外に行くという事が目的になっていたと思います

      (このブログをご覧になられてる方はわかると思いますが、わたくし、大の飛行機嫌いだったので・・)

      ですので、向こうに行ってからの、活動内容など、細かくプランを立ててはおりませんでした・・

      どちらかというと、行くことにより、アートへの取り組み方や考え方を勉強できたと思います、

      掛軸については、少ししか発信できなかったかもです・・・

       

      今回は、2回目の伝承の旅ということもあり、様々な掛軸の形態を持参して

      掛軸の可能性や、楽しさを伝えて行くことをテーマに行ってまいりました。

       

      たとえば、簡易的な軸と伝統的な軸、そして機械で制作した軸を持っていくことで

      その違いについて、どの程度の必要性、または、その違いによる、メリットデメリットを

      外国の方は理解してもらえるのだろうか?という点などを聞いてきたり

      展示会場での反応で確認したりいたしました。

       

      ただひとつ誤算だったのは、スペイン語対策として、持って行った翻訳機(〇〇トーク)が

      くその役にも立たなかったことです・・・   失礼いたしました・・怒りのあまり言葉のチョイスが・・

       

      そんなわけで、Holaだけ覚えとけばよいだろう的な感じだったのが、まったく見当がはずれ

      なんとか言葉を覚えなくては、買い物もできない状態になってしまいました。

      ただ、やはり、何も知らないというのは強いですね、変に、勉強していくと、正しい言葉を言おうとして

      逆に考えすぎで、言えなくなってしまいますが、なにも知識がないと、覚えた言葉をどんどん言ってしまうので

      意外と話すことに苦労はなくなってきました。(当然横に、通訳してくれる方もいましたが・・・💦)

       

      そして、今回の行った場所は、スペインでも南部のマラガ地方にいきました

      ピカソの生誕地でもあります。あまり日本人もいなく、アジア人自体が少ない気がしました。

      そんな中でも、日本の文化、特に盆栽について好きな方が多かったのが印象に残っております。

       

      ですので、掛軸にしても、日本でいうモダンな掛軸というよりも、伝統的な水墨画の掛軸や

      書などに興味があるようでした。

       

      特に作品の中身が水墨画であれば、掛軸の仕様については、そこまでこだわりはないように感じました。

      この辺りは、日本でも同じですが、制作している人間以外は、仕様については、あまり重要ではないととらえてるのでは

      ないでしょうか・・・ 

       

      この部分は、今後、掛軸を広めていく中で、どこまでのクオリティをベースにするのか??

      悩みどころではあります、掛軸の仕様は、簡易的になれば、安くなり、伝統的にしっかり作れば高くなります。

      ただ、みんながみんな、伝統的を求めているのか?または、簡易的を求めているのか?

      それぞれ、目的や掛軸のとらえ方によって変わってくると思います。

       

      みんなの知識がゼロの時に、一番最初にアプローチする仕様によって、価値観が決まってくると思うので

      海外に広める活動の中で、しっかりと分析をして、必要とされる掛軸を提案していこうと思っております。

       

       

      また、後日に詳細報告をいたしますが、日本でも掛軸の普及を目指すべく

      掛軸専門店(仮称・清水屋)をオープンすることになりました。(渋谷のIMAを改装いたします)

       

      以下

      スペイン伝承の旅の写真

       

      ピカソと一緒に写真を撮りました       

      IMG_1067.jpg

       

      生ハムは驚くほど美味しかった!!

      IMG_1073.jpg

       

      作家さんの作品と掛け軸屋制作の掛軸

      IMG_1157.jpg

       

      レーザーを使用しての展示準備作業

      IMG_1112.jpg

       

      1kgの肉でバーベキュー(もはや掛軸関係ない・・)

      IMG_1197.jpg

       

      パエリヤ (ちょっとしょっぱい・・)

      IMG_1248.jpg

       

      掛け軸屋オリジナル 着物アートパネル

      IMG_1283.jpg

       

      作家さんとツーショット

      IMG_1305.jpg

       

      展示会場風景

      IMG_1275.jpg

       

      展示会場風景

      IMG_1274.jpg

       

      ピカソ美術館

      IMG_1059.jpg

       

      マラガの港

      IMG_1081.jpg

       

      現地の額屋さんでの額(裏打ちのみ掛け軸屋)

      IMG_1173.jpg

       

       

       


      今年も掛け軸屋をよろしくお願いいたします

      0

        2019年もあっという間に1月が過ぎてしまいました

         

        私はブログからの発信を常に意識しているのに

        言いたいことが多すぎて逆にどう伝えれば良いか

        わからずに、思考がフリーズしてしまう事態に陥っておりました・・・

         

        そして、やっと重い腰をあげて、いや、重い指をあげて

        ブログを書いている次第です

         

        さて、3記事ほど前に、掛け軸屋の下半期予定など伝えておりましたが

        その報告です。

         

        とりあえず、海外進出は果たしてきました、前記事参照

        海外での展開は、今年も引き続き活動していきます。

         

        その他スマホ業界進出とか、言っておりましたが

        これは、種をあかせば、昔企画していた、スマホから掛軸というサイトを作ったのですが

        そのサイトがなんと!!スマホに対応していなかったという、嘘みたいな本当の話しでしたので

        やっと長い年月をかけて、サイトをスマホ対応にしたということです・・・

         

        そんなわけで、スマホからご覧の方は、ぜひ、ピクソーサイトから掛軸を作ってみてください。

        スマホの画像から作れますよ〜

        http://pic-soh.com

         

        そんなわけで、ある程度昨年度下半期の目標は達成いたしましたです。

         

        続いて今年の活動予定は

         

        ・継続した海外活動

        ・外国人向けサービスの拡充

        ・かけじく協会の活動を本格的に稼働

         

        といった事を

         

        通常の業務の他に、重点的に進めていきたいと思います

         

        というわけで

        なんとか、ブログが形なった感じなので


        今年もどうぞよろしくお願いいたします




        10月期より 裏打ち講座 土曜日クラス 開講いたします

        0

          かねてから要望がございました

          裏打ち講座の土曜日クラスを10月期より開講することになりました

           

          しばらくは月1回での開催になります

           

          働いてるかたは、月曜日はなかなか休みが取れずに

          わざわざ有給などを使って受講しに来ていただいた生徒さんもおりました。

           

          そんな中、表装学園でも、やはりみなさんのためにも、開講しないとな〜ということになり

          まずは月1回開講させていただく事になりました。

           

          ただ、土曜日開講ということで

          怠け者のわたくしなので、モチベーションを上げるために

          土曜日クラスのみ受講料を上げさせていただきました・・・(>_<)

           

          そんな、やらしい心も持っているわたくしですが

          ご興味ございましたら、ぜひ一度ご受講くださいませ

           

          http://www.olku.co.jp/puti/


          ちょっと、癒しの空間へトリップ in 新百合ヶ丘

          0
            本日、午前中は、新百合ヶ丘のギャラリーtayori
            で開催されている
            「あそぶ心の手しごと市」へ行ってきました。

            知り合いの、写真家さんと書家さんのコラボ作品があるということで
            相武台前から会社に向かう前に、ちょろっと寄り道してお伺いいたしました。

            駅前の商店街を抜けると、急に閑静な住宅街になり
            その一角に、ギャラリーがありました

            住宅を改築した、ギャラリーのようです。
            開場は11時からなのですが、5分前につきましたが
            もうすでに何人もの方がおりました!!

            「うわっすご!!」

             まさか、新百合ヶ丘の住宅街でこんな
            光景を目にするとは、なんとなく、自宅ちかくの写真スタジオ
            藤代工房さんのイメージと非常に似ておりました(^^)/
            ※ものすごくわかりやすいたとえです!! 両方知っている方にとっては・・・( ̄ー ̄)


            そんな感じで、手作りの作品達を、堪能させていただきました。
            ガラスや皮製品、染め物、アクセサリー等々、沢山ありました。

            ただ、女性向けの作品がおおかったので、男性1人で行くのは、勇気がいります
            もし、行かれる場合は、奥さん、彼女を連れていくと良いかもです(^-^;

            ギャラリーには、テラス?のようなものがあり
            一瞬、神奈川にいるのを忘れます。
            どこか、外国の自然豊富なコテージにいるような感じになります
            この状況が、タイトルにあるように、癒しのトリップをより感じさせてくれる場所でした。

            ギャラリーオーナーの方とは、話すことができませんでした・・・
            いかんせん、人がたくさんいて、話せる状況ではありませんでしたが
            とてもダンディな旦那さんにお会いして、お話しさせていただきました
            こんな、年の取り方をしたいな〜と、思う素敵な方でした。

            わたくし健さんを目指してますが、その雰囲気が、旦那さんにはありました!!
            ※高倉でなく渡辺のほうです

            話しがそれました

            で、今回、ご案内いただいた、花の写真家さんと書家さんの作品に
            掛け軸の形式で何かお手伝い出来ないかということで、何点か提案させてもらいました。

            とても素敵な作品になる予感しかありません

            楽しみです!!^-^


            相変わらずのとりとめのない話しになりますが
            目的がもはや、更新!!ということになっているので、見直しとかしません

            思いついたことをつらつらと打ち込んでるだけです・・・

            さすがに、意味が違う誤字脱字や、意味がわからに箇所がありましたら
            いつでもご指摘くださいませませ(^-^;

            では、また失礼いたします<m(__)m>



            ギャラリー外観
            IMG_2823.JPG

            テラス・・珈琲いただきながら、癒されました。
            IMG_2821.JPG


            素敵な庭です。
            IMG_2822.JPG









             

            水の適正価格。。。

            0
              いきなりですが、わたくし腎臓悪いので、一日に1.5Lから2Ⅼ飲むようにしております。

              ほっとくと、尿酸値ドーン!! 結石ゴロゴロ!!! 血圧ドーン!!となります。
              同じように飲み食いしている、同年代の人間で、なんでもない人をみると
              つくづく体質なんだな〜と、切なくなります。

              まあ、それはさておき、普段そのようなことから、水を大量に買って飲んでるのですが
              大体1Ⅼ程度の水をファミマで朝買うのが日課になってます。

              それで、いつも気になることがあります。

              それは水の価格です・・・

              500ml108円、

              1Ⅼ 148円 

              2Ⅼ 98円・・・・



              98円??? 普通の人間は量が増えると、高くなるというのは常識だと思いますが
              こと水に至っては、この常識が通用しない・・・・(T_T)

              でも、これ、安いからといって、じゃあ2Lでも買うかというと、そうもいかない・・・
              2Ⅼのペットボトルもって、ウロウロできませんです・・・

              結局、ペットボトルの水は何が一番コストかかっているところなのでしょうか??
              わからない・・・

              そんなことを思いながら、本日は2Ⅼの水を買ってしまった・・・

              ん〜 重い・・・飲みづらい(T_T)/~~~



               

              本日、掛軸師講座 3期生

              0
                本日土曜日は、掛軸師講座の3期生の2回目と
                2期生の講座を一緒に開講です

                2期生は、ある程度制作が出来るようになり
                あとは、アドバイス等なく、1人でどこまで作れるかという段階になっております

                掛軸師は、仕立てのアドバイスや掛け軸や裏打ちの教室開講、そして
                自分の作品を掛け軸にして、表現するという、3つの技能を習得する講座です。

                受講生の中でも、どの技能に軸足に置きたいかで、講座の内容も微妙に変わってきます。
                いづれにせよ、短い時間の中で密度濃く、講座をやっていきますが、講座内でなく
                日々の予習復習も行っていかないと、難しいとは思います。

                それでも、表具師といわれる、ベテランの方や、職人の方にはまだまだまだ及びません・・・
                まあ当然といえば、当然ですが・・・・(^-^;

                そんな中でも、現在二人の方が掛軸師として活動をはじめ、そろそろあと二人も
                掛軸師として活動を始められるとおもいます。

                3期生もしっかりと意識を持って、掛軸師になってもらえると嬉しいです。

                掛軸師を2015年から10年間で10名育てたいといっておりましたが、現在2名掛軸師となり
                3名も勉強中です、そのまま、掛軸師をさらに募集することも可能ですが、人数を増やすのが第一目的ではなく
                しっかりとした、技術をもった10名を育てたいということですので、しばらくはこの5名の方達と一緒に
                掛軸師活動をしていきたいと思います。

                色々と興味がある、やってみたいとお問い合わせを、何件かいただいておりましたが
                そんなわけで、掛軸師講座の募集は一旦閉め切ろうと思います。

                また、5名の方達が独立自立できた時に、追加の5名の募集をしようと思いますので
                その際にはどうぞよろしくお願いいたします。





                 

                いい仕事な屛風は、いいものです

                0
                  先週末、墨田リバーサイドギャラリーで
                  表装チャリティ展が開催されておりました。

                  わたくしの父も出展しておりましたが
                  そこで、いい仕事な屛風を買ってきました。

                  自分で作らずに、買い求める!!
                  表装を知るためには、実はこれも大事なことだと思います
                  と思います??とおもふ・・・
                  と思うであります。
                  ・・・・若干疑問を持つ方もおられる方もいるかもしれませんが
                  人の技術を買うということは、同業者のものでも
                  私はとても良いことだと思います。←えらそー(-。-)y-゜゜゜

                  そして、その作品ですが、良い素材を使用して、良い技術で制作された
                  作品です。
                  仕様として
                  「漆縁、表:本鳥の子1号紙本金箔 裏:キラ押し駒つなぎ 鳥の子」
                  です・・・・だと思います。

                  今の、受注仕事では、仕様で漆縁など、あまりないのでしょうか、
                  写真ではわからない、本物の質感が周りにくると、全体がより引き締まります!


                  正直な所、わたしは、屛風はあまり、得意ではありませんが
                  良い作品、良い素材を生で見るというのは、インターネットや
                  画像で「調べる、見る」だけではわからない、作品の情報がストレートに入ってくるので
                  大切なことだと思います。

                  そんなことを繰り返していくうちに、審美眼や、自分のスタイル、好みなども
                  出てくるのではないでしょうか?←またまたえらそー(-。-)y-゜゜゜

                  ここの所、地味にブログの更新の確変に入っております( ̄▽ ̄)











                   

                  最近意識していること 普通のことをもっともらしく

                  0
                    突然ですが
                    物事には、ライブに勝る知識の蓄積はないと。。。

                    アートや工芸の世界に身を置く人間としては当然のことではあるのですが、、、

                    この基本は、以外と忘れてしまいがちです( _ )

                    わかってはいるのですが、キーボードを叩くと、色々と、疑問を解決してくれますし
                    知ったような気にはなっているのですが、そこには、表面上の知識しかなく
                    さらに簡単に調べて得た知識は、簡単に忘れてしまう・・・・

                    インターネットが発達してから、言われ続けていることですが・・・

                    そんわけで、ここのところは、かなり意識して、ライブ感、体験を重視しております
                    いままでは、行かないような、展示会へ行ってみたり、お客さんの所に時間をつくって
                    日帰りや、泊まりで、会いにいったり、気になることがあったら、時間の許す限り
                    出掛けていって、実際に体験しております。

                    そうすると、不思議なもので、創作意欲がどんどん湧いてくるのです
                    これが、刺激といわれるものなのでしょうか?

                    現在掛軸師として活動しておりますが、掛軸師は、仕立てのアドバイザーと、掛軸製作の講師
                    そして、自作品の創作活動という、作家の部分もあるのを、久しく忘れておりました。

                    そんなわけで、ここのところは、自作品の構想をかなりのウエイトで考えております。
                    ※昔もそんなことを言っていたような・・・・

                    とりあえず、この気持ちを忘れないように、ブログに記します(^O^)

                    でも、仕立てのご相談も、いつも以上に受付中ですので、お気軽に
                    http://kakejikuya.ocnk.net


                    日本かけじく協会 始めました 会員募集中

                    0
                      表題の件

                      突然ですか
                      日本かけじく協会 はじめました<m(__)m>

                      なにやるの?
                      掛け軸が、面白い楽しいということの普及活動がメインです。

                      では、具体的には

                      ・俺の掛け軸技術すごいでしょ!!
                      ・本物の掛け軸はこうだ!!
                      ・伝統を守るぞ!! 
                      ・職人のプライドだ!!

                      という、考えはいっさいありません

                      ・みんなで掛け軸作ってみようよ〜
                      ・掛け軸をたのしもうよ〜
                      ・伝統を継承しつつ、新しいことを創造しようよ〜
                      ・プライド??何それ?美味しいの??〜

                      という、思いで普及しております

                      正直な所、しっかりと、伝統をまもり、「これが掛け軸だ〜!!」という
                      方や団体は沢山あるので、そのあたりは、その方達にお任せして
                      日本かけじく協会は、普段掛け軸に接することが、無い方に、無理やりにでも
                      接してもらおうという、より大衆文化的掛け軸の発信を柱として活動していきます。

                      アートだけでなく、インテリアとして、そして雑貨というくらいにまで
                      どんな人でも親しんでもらえれば本望です^-^

                      みんなでたのしもうよ!!という会ですので
                      掛け軸に興味がある、掛け軸が好きという気持ちがあれば
                      どなたでも、会員になれますので、みなさまどうぞ会員になって
                      一緒に掛け軸を盛り上げていきましょう!!

                      日本かけじく協会ホームページ
                      http://www.kakejiku.jp




                      かけじく協会会員登録フォーム
                      http://www.kakejiku.jp/touroku

                      当然ながら会費等はございません<m(__)m>







                       


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>

                      和風ブログランキング参加中

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 日本人アーティストによる国際展のお知らせ!!
                        香瑩
                      • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 番外編 モニター募集
                        miyu
                      • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 番外編 モニター募集
                        佐河太心
                      • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 番外編 モニター募集
                        ぶん
                      • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 vol4
                        佐河太心
                      • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 vol4
                        佐河太心
                      • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 vol4
                        ぶん
                      • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 vol4
                        さどがわみほちゅう
                      • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 vol3
                        佐河太心
                      • 写真掛軸、Pic-Soh[ピクソー] のお話 vol3
                        ぶん

                      links

                      profile

                      書いた記事数:179 最後に更新した日:2019/02/06

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM